花香しおりブログ

田舎に引っ越してきたひきこもり主婦が、理想の穏やかなシンプルライフを追求するブログです。

夫婦でミニマリストになって良かった「3つのメリット」とは?

当ブログを運営するまで、私は物欲が強く、モノが多い家に住んでいました。

モノに依存していて、捨てられない人だったんです。

でも、ミニマリズム(探し続けている幸せを手に入れるための手段)を知ってから、主人と協力して不要品を減らしていくと、想像以上の幸せが私たちに訪れました。

今日は、夫婦ミニマリストになって良かった3つのメリットについてお話させてください。

その気になる3つのメリットとは?

 1)「ゆっくり休む時間」が作れるようになった。

f:id:withblue773:20190623203625j:plain

ミニマリストになってから、夫婦でゆっくり休む時間が作れるようになりました。

夫婦でミニマリストになって良かった1つめのメリットは、「ゆっくり休む時間が作れるようになった」です。

モノが多い家に住んでいたときは、物欲を満たすために、多くのお金や時間を使っていたので、ゆっくりと休む時間が作れませんでした。

夫婦でミニマリストになってからは、消耗品や食べ物以外はめったに買わなくなり、ゆっくり休む時間が作れるようになったんです(^-^)。

主人と楽しく会話をしながら愛犬と遊んだり、家の中でご飯を食べたりする時間が、私は幸せだと感じられるようになりました。

わざわざ外出しなくても、このほっこりした時間を幸せと感じられるのが、嬉しくてたまりません。

2)夫婦の「会話」が増えた。

f:id:withblue773:20190623203732j:plain

ミニマリストになってから、夫婦の会話が増えました。

夫婦でミニマリストになって良かった2つめのメリットは、「会話が増えた」です。

満たされない気持ちをモノで埋めるために、奴隷のように働いていたときは、主人と会話をしない日が多くありました。

毎日お金の不安、苦悩、恐怖心、憂うつ、ストレスに苛まれて、体だけ動いている死人のようだったんです。

主人も私も、お金を稼ぐことで疲れ切っていて、互いに無関心でした。

でも、ミニマリストになってからは、奴隷のようにあくせく働く必要がなくなり、心に余裕ができたので、主人との会話が増えたんです(^-^)

夫婦でよく話すようになってから、お付き合いし始めた頃のように仲良しになりました。 

3)夫婦で「思いやりの気持ち」を持てるようになった。

f:id:withblue773:20190623203945j:plain

ミニマリストになってから、夫婦で思いやりの気持ちを持てるようになりました。

夫婦でミニマリストになって良かった3つめのメリットは、「夫婦で思いやりの気持ちを持てるようになった」です。

お金を稼ぐために必死に働いていたときは、主人も私も毎日忙しくて、お互いを大切にできませんでした。

もう、体も心もいっぱいいっぱいで、ボロボロだったんですね。

物を減らしてからは、時間がゆっくり流れていき、心にもゆとりができたから、主人も私も思いやりの気持ちを持てるようになりました。

お互いを大切にするようになったので、夫婦仲も円満になったんです。

ミニマリズムをすると、「愛」や「思いやり」を与えられるようになるので、これからも続けていきたいと思いました。

ミニマリストになって、デメリットを感じなかったの?

ミニマリストになってから、私はデメリットを感じた経験がありません

その理由は、ちゃんと休む時間を作れたこと、夫婦でお互いに思いやりの気持ちを持てるようになったからです。

幸せになろうとして、満たされない気持ちをモノで埋めようとしても、心から欲しかった「愛・時間のゆとり」は手に入りませんでした。

むしろ、物欲を満たそうとすればするほど、ストレス、不安、苦悩など良くない感情が生じて、不幸になっていったんです。

物を買えば買うほど、家も心の中もスペースがなくなり、どちらもいっぱいいっぱいで、生きづらさを感じました

夫婦でミニマリストになって、本当に良かったです。

まとめ

今日は、夫婦でミニマリストになって良かった3つのメリットについてお話させていただきました。

私が、夫婦でミニマリストになって感じた3つのメリットをまとめると、次のようになります。

1)「ゆっくり休む時間」が作れるようになった。

2)夫婦の「会話」が増えた。

3)夫婦で「思いやりの気持ち」を持てるようになった。

これら3つのメリットを感じられたのは、不要品を処分し、本当に大切なことだけに力を注いだからです。

ミニマリズムに興味がある方は、いらない物を減らして、理想の人生に集中すると、思いもよらない幸せを感じられるかもしれませんよ♪

今日の記事が、少しでもあなたの参考になれば幸いです。