花香しおりブログ

田舎に引っ越してきたひきこもり主婦が、理想の穏やかなシンプルライフを追求するブログです。

片付けたばかりなのに、すぐ家の中が散らかる8つの理由とは?

『この前片付けたばかりなのに、何ですぐに家の中が散らかるの?』

あなたは、このような疑問を感じたことはありませんか?

そこで今日は、片付けたばかりなのに、すぐ家の中が散らかる8つの理由についてお話させてください(^-^)

 1)モノが多い。

f:id:withblue773:20190516211022j:plain

物が多いお家の画像

片付けてもすぐに散らかる家には、モノが多い共通点があります。

例えば、おもちゃ、靴、服、ぬいぐるみ、リモコンなどです。

いつもキレイで清潔な家をキープしたいときは、まずいらないモノを減らしてみるといいですよ(^-^)

私も片付けられないときは、モノがあふれて自分の部屋が、倉庫のようになっていました。

片付けに目覚めて、不要品をどんどん捨てるようになったら、見違えるほど家の中がキレイになったのです。⇒【片付け】散らからない部屋にするコツは、いらない物を収納せずに一気に捨てること。

2)使ったあと、モノを出しっぱなしにしている。

f:id:withblue773:20190516211346j:plain

物を出しっぱなしにして、散らかるお家の画像

これは私の悪い習慣だったのですが、使ったあと、モノを出しっぱなしにすると、すぐに家の中が散らかります。

私は、片付けが苦手だったとき、自分がすぐに使えるように、あちこちにモノを置いていたんです。

すると、イスの上、押し入れ、棚、机、床、玄関などが、すぐにモノだらけになってしまいました。

あちこちに散らかっているモノを、どこに戻せばいいのか分からなくて、私はそのままにしておいたのです。

案の定、片付けてもすぐに家の中が散らかってしまいました。

3)「取り出しにくい、元に戻しにくい」収納をしている。

f:id:withblue773:20190516211652j:plain

「取り出しにくい、元に戻しにくい」収納の画像

自分の家の中を片付けていて、気づいたことがあります。

それが、「取り出しにくい、元に戻しにくい収納をしていると、すぐに家の中が散らかる」です。

私は、よく使うモノの定位置を決めるときに、取り出しにくい、元に戻しにくい、場所が遠い収納をしていたことがありました。

しかし、そのような収納をしていると、戻すのが面倒になって、使ったあともその辺に置いてしまうんです。

その結果、部屋がゴチャゴチャになりました。そこで今度は、モノをカテゴリー別に取り出しやすい、元に戻しやすい定位置を決めてみたのです。

すると、使ったあとも元に戻すようになり、家の中がいつもキレイに保てるようになりました。

4)モノを積み重ねて、収納している。

f:id:withblue773:20190516212508j:plain

物が積み重ねられて収納されているお家の画像

ある日、私は近藤麻理恵(こんまり)さんの本の、「収納レッスン」について読んでいました。

そこには、次のように書いてあったのです。

積んではダメ、基本は「立てて収納」する

(引用元:人生がときめく片づけの魔法 改訂版)

 私は、押し入れ、棚、机、引き出し、冷蔵庫の中などを見直してみました。

なんと、それらには、積み重ねて収納されていたモノが多かったのです。

私は急いで、立てれらるモノは、立てて収納していきました。

立てて収納していくと、家の中全体がスッキリして、今持っているモノの量を一目で把握できたのです。

モノを立てて収納したおかげで、お金の無駄遣いも減りました。

5)先延ばしにするクセがある。

f:id:withblue773:20190516214018j:plain

私には、先延ばしにする癖がありました

時間がないときや疲れているとき、私は、物事を先延ばしにするクセがあります。

例えば、掃除機をかける、食べ物の解凍、メールのチェックなどです。

先延ばしをするクセがあると、使ったものを元に戻さなかったり、片付け・掃除を後回しにしたりして、キレイな部屋を保てません。

私は、先延ばしのクセが、家の中が散らかる原因になると学んだとき、その悪い習慣を手放してみました。

「10分以内に終わる作業は、先延ばしにしない」ルールを決めて、しばらく続けてみたんです。

その結果、先延ばしにするクセが無くなり、家の中も散らからなくなりました。

6)どうして、部屋をキレイに保ちたいのか目的がない。

f:id:withblue773:20190516220028j:plain

私は、部屋をキレイにする目的を考えていませんでした

私の体験談なのですが、部屋をキレイに保ちたい目的がなかったので、片付けても家の中がすぐに散らかることが、よくありました。

しかし、こんまりさんや海外のミニマリストの本を読むと、「モノを減らす前に、片付けをする目的を考えよう」と書いてあります。

その理由は、目的がないと一生片付けが終わらないからです。

私は、どうして部屋をキレイに保ちたいのか、いくつか理由を考えてみました。

しばらくして、ハッキリとした目的ができたので、片付けがドンドン進んでいったんです。

この体験から、目的を持つことがキレイな部屋を保つ秘訣なんだと学びました。

7)自分の欲を満たすことを優先している。

f:id:withblue773:20190516215344j:plain

私は片付けよりも、自分がしたいことを優先していました

私の短所なのですが、人生を振り返ってみると、片付けをするよりも自分の欲を満たしていたことが多かったのです。

『片付けしなきゃとは思っているけど、今日は録画したドラマを見たいから、今度やろう。』

『部屋が散らかっている。でもご飯食べたいから後にしよう。』

私は、このように今自分がしたいことばかり優先して、片付けは後回しにしていたのですね。

私は過去の自分を思い出して、とても恥ずかしくなりました。

片付けに目覚めてから、自分を成長させるために、今やらなければならないことを優先してみたんです。

そうしたら、部屋もキレイになって、実生活も消費より生産する方が多くなりました。

8)行動しない。

f:id:withblue773:20190516215506j:plain

私は行動しなかったので、「家の中がすぐに散らかる」をくり返していました

片付けたばかりなのに、すぐに散らかる最後の理由は、行動しないからです。

私は、家の中をキレイ保つ秘訣は、とにかく行動することだと考えています。

『いつもお客様を迎えられるくらい、部屋をキレイに保ちたい』と思っていたら、すぐに片付けの本を読んだり、解決法を探したりしますよね?

でも、過去の私はそこまで考えていなかったので、行動しませんでした。

行動しなかったから、片付けても片付けても、すぐに家の中が散らかっていたんです。

私は、こんまりさんや海外のミニマリストの本を読んで、行動することがいかに大切かを学びました。

行動することで、ときには失敗し、改善策を考えながら、キレイな家を保つ。

とにかく行動するようになってから、私は片付けられなかったときよりも、家の中を清潔に保てるようになりました(^-^)

まとめ

今日は、片付けたばかりなのに、すぐに家の中が散らかる8つの理由を挙げてみました。

私は片付けに関して、まだまだ未熟な部分が多いです。

自分を守ってくれて、どんな私をも受け入れてくれる家をキレイに保つために、片付けを勉強しつつ、頑張りたいと思います。

今日の記事が、『片付けたばかりなのに、すぐに家の中が散らかる』と悩んでいる方にお役に立てれば、私は幸せです。