花香しおりブログ

田舎に引っ越してきたひきこもり主婦が、理想の穏やかなシンプルライフを追求するブログです。

片付けだけでは、夫婦仲は改善しない3つの理由とは?

世の中では、持ち物を必要最小限にしたり、家の中をキレイに片付けたりすると、夫婦仲は良くなるといわれています。

しかし、私は片付けを通して感じたんですが、モノを少なくするだけでは夫婦仲は改善しません。

そこで今日は、私の失敗談「片付けだけでは、夫婦仲改善しない3つの理由」についてお話させてください。その気になる3つの理由とは?

 1)片付けをしても、2人の間に「愛」がなければ夫婦仲はよくならない。

f:id:withblue773:20190603162335j:plain

片付けても、「愛」がなければ夫婦仲は改善しません。

私の主人は、仕事で忙しくなると冷酷になります。

私の洗濯物を「バンッ」と床にほかる。主人が大好きな愛犬ばかりに愛情を注いで、私のことは無視・放置。

毎日の忙しさから解放されて、2人でゆったり過ごしたいと、家の中を一生懸命に片付けているのに、反対のことが現実になっている。

なぜ、こんな辛いことが今起こっているのか?

その理由は、片付けや仕事でいっぱいいっぱいになり、お互いに愛情を持って接する余裕がないからでした。

だたモノを減らすだけでは、悩みの根本的な原因解決にはならなかったのです。

2)忙しいと相手を「モノ」のように雑に扱う。

人は忙しいと、相手を「モノ」のように雑に扱うようになります。

とくに、仕事や雑務などでいっぱいいっぱいになると、一緒にいる人に愛情を持って丁寧に接することができません。

毎日があまりに忙しく、心に余裕がなかったため、主人と私の愛は冷え切っていて、まるで同居人のようでした。

数え切れないほど、「モノ」のように主人から冷たい雑な扱い方をされて、私は離婚も考えたんです。でも、よく考えると、自分ばかりが被害者ではありませんでした。

私は、忙しすぎると感情のコントロールができなくなり、ちょっとしたことで泣いてしまいます。

それが原因で、主人はどう接していいのか分からなくなり、あえて放っておいたのかもしれません。

3)家の中を片付けても、お互いに愛し合わなければ無意味。

f:id:withblue773:20190603162513j:plain

お互いに愛を行動で示さなければ、片付けても無意味だと学びました。

「外見ばかり飾っても、中身がなければ虚しい」のと一緒で、家の中を片付けても、お互いに愛し合わなければ無意味だと、私は学びました。

確かに、モノを減らせば、住み心地の良い家にはなります。

でも、その家に住んでいる夫婦が、お互いに助け合ったり、行動で愛を示したりしなければ、関係がすぐに壊れてしまいませんか?

私たちは、お互いに愛を行動で示さなかったので、何度も夫婦の関係が壊れそうになったんです。

家の片付けを通して、私は「お互いに愛することを行動で示す大切さ」を痛感させられました。

まとめ

私の場合は、ただ家の中を片付けるだけでは、夫婦仲は改善されませんでした。

片付けをするときは、相手がモノなので対処しやすいですが、夫婦の場合は「」だから、そう簡単には問題が解決しなかったんです。

しかし世の中には、部屋を片付けたら、夫婦仲が劇的に改善した方もいらっしゃると思います。

もし、家の中をキレイに片付けたのに、夫婦仲が良くならないとあなたが、悩んでいたら、相手に対する「」が足りないのかもしれません。

私も、自分のことでいっぱいいっぱいになると、心の余裕がなくなるから気を付けたいと思います。

この記事を読んでくださったあなたに、幸福が訪れますように。