花香しおりブログ

田舎に引っ越してきたひきこもり主婦が、理想の穏やかなシンプルライフを追求するブログです。

【片付けの疑問】カテゴリー別か場所別、どちらが簡単に早く片付く?

片付けやミニマリストの本を読んでいると、カテゴリー別、場所別にモノを減らす方法が書いてあります。

『カテゴリー別と場所別、どちらが片付けやすいのだろう?』と私は考えました。

そこで、カテゴリー別と場所別に片付ける方法を、どちらもチャレンジしてみたんです。

すると、思いもよらない結果が出ました。果たして、その結果とは?

場所別よりも、カテゴリー別の方が片付けやすかった。

カテゴリー別、場所別に片付ける方法を、私はどちらも試してみました。

その結果は、カテゴリー別の方が、はるかに片付けが楽だったのです。

カテゴリー別の方が、片付けが簡単だった理由は3つあります。

その理由を、場所別で片付けてみたときと比較して、お話しますね。

1)いらないモノを一気に片付けられる。

f:id:withblue773:20190515215942j:plain

カテゴリー別に片付けると、いらないモノが一気に減ります

衣類・本・書類・小物類とカテゴリー別に分けて片付けていくと、家じゅうのモノを全て出して一か所に集めます。

そうすると、今自分が持っているモノの量が一目で分かるし、触って「残す」「捨てる」の判断がしやすいんです。

カテゴリー別にモノを片付けるやり方は、こちらをご覧ください。

【片付け】散らからない部屋にするコツは、いらない物を収納せずに一気に捨てること。

場所別に片付けると、二度手間になる。

場所別だと、クローゼットを片付けても、押し入れに靴下が置いてあったり、寝室で何着か見つけたりして、モノを減らすことが嫌になってきます。

場所別に片付けていて、違う部屋から同じ種類のモノが出てくると、「残す」か「捨てる」かの判断も鈍くなってくるんです。

このようなことが続いて、いつまでも家の中が片付かないので、私はやる気を失ってしまいました。

2)カテゴリー別に片付ける方が、ストレスが減る。

f:id:withblue773:20190515220027j:plain

カテゴリー別に片付けると、ストレスが減ります

カテゴリー別に一気に片付けると、モノが減るスピードが速いです。

部屋に空間ができて、床もキレイになり、心にも余裕ができます。

私は、カテゴリー別に片付けていったら、どんどんお部屋がキレイになっていくのを見て、ストレスも減っていきました。

場所別に片付けていくと、モノがなかなか減らない。

ごめんなさい。私の片付け方が、下手なのかもしれません。

場所別に片付けていくと、モノがなかなか減らないのです。

部屋を片付けてから、また違う場所で続けると「残す」か「捨てる」かの判断への集中力が続かなくて、疲れてしまいます。

あまりにも、場所別の片づけが疲れるので、途中であきらめてしまうこともありました。

3)カテゴリー別の片付けは、ゲーム感覚でできるから楽しい。

f:id:withblue773:20190515220054j:plain

カテゴリー別の片付けは、ゲームをやっているように楽しいです

カテゴリー別に片付けていくと、まるでゲームをやっているかのように「残す」「捨てる」を楽しく判断できます。

その理由は、テンポよく片付けられるからです。

「残す」か「捨てる」かが判断がしやすい、衣類⇒本⇒書類⇒小物類⇒思い出の品と手をつけていくと、リズミカルに片付けられます。

場所別の場合は、だらだらと片付けてしまう。

場所別にやってみると、部屋を移動しても、同じカテゴリーのモノが出てくるので、片付けのリズムが崩れます。

『さっき片付けたのに、また同じ種類のモノが出てきた(>_<)』

片付けても片付けても、同じことが繰り返されるので、エネルギー切れになってしまう。

つまり、片付けが終わらなくて、やめてしまうんです。

場所別よりも、カテゴリー別の方が短時間で片付けられる。

f:id:withblue773:20190515220149j:plain

カテゴリー別に片付けたら、早く簡単に家の中が片付きました

カテゴリー別と場所別、どちらが片付けやすいかチャレンジしてみました。

その結果は、カテゴリー別の方が、早く簡単に片付けられたのです。

片付け方は人それぞれなので、カテゴリー別で片付ける方がいいですよと、一概には言えません。

もし、あなたが簡単に早く片付ける方法を知りたいときは、一度カテゴリー別・場所別でチャレンジしてみてください。

人の体験を知るのも大事ですが、自分でやってみた方がどちらが合っているか、分かるからです。

あなたのお部屋が少しでも早くキレイになり、楽しい時間を過ごせますように。