花香しおりブログ

田舎に引っ越してきたひきこもり主婦が、理想の穏やかなシンプルライフを追求するブログです。

汚部屋に住んでいた私が、片付けられるようになった4つの秘訣とは?

ゴミ屋敷のように汚い部屋をキレイに片付けたい。

私は、汚部屋に住んでいたころ、このように思っていましたが、実行できませんでした。その理由は、楽しく片付けられる方法を知らなかったからです。

そこで今日は、汚部屋に住んでいた私でも、片付けられるようになった4つの秘訣をご紹介させてください。

これからお話する4つの秘訣は、意外なほど簡単だけど、やればやるほど片付けが楽しくなるものばかりです。その4つの秘訣とは?

 1)明らかに「ゴミだと分かるモノ」から捨てる。

f:id:withblue773:20190602164333p:plain

ゴミから捨てていくと、捨てる習慣が身に付きます。

片付けを楽しく楽に行うには、ハードルをかなり下げるといいですよ(^-^)。

私は完璧主義なので、なんでも完璧を求めてしまいます。しかし、完璧を求めると目標が高すぎて、途中でヘトヘトになってしまうんですよね。

そこで、私は小さなことから片付けを始めてみました。それが、明らかにゴミだと分かるモノから捨てるです。

例えば、飲み終わったペットボトル、犬の抜け毛、ほこりなど。これらを捨て続けると、捨てる習慣が身に付きます。

すると不思議なことに、汚部屋も少しずつキレイになっていくんです。足の踏み場がなかったのに、歩くスペースができます。

本当に小さい成果ですが、自分にとって嬉しかったので、片付けに拍車がかかりました。 

2)少しでも捨てられた自分を「認めてあげる」。

f:id:withblue773:20190602164409j:plain

少しでも片付けられた自分を認めてあげると、楽しくなってきますよ。

明らかにゴミだと分かるモノから捨てていくときに、少しでも捨てられた自分をほめてあげると、片付けが楽しくなっていきますよ。

汚部屋に住んでいたときの私は、片付けられない自分しか見ていませんでした。つまり汚い部屋ばかり見て、片付けられない自分を責めていたんですね。

自分のできていない部分ばかり見ていたせいで、なかなか汚部屋から脱出できなかったんです。

そのとき、片付けはダイエットと同じで、「少しでも結果を出せたことを自分で認めてあげないと、続けられない」と学びました。

そこで、ちょっとでも片付けられたら、自分を認めるようにやってみたんです。この効果は本当に絶大で、今ではどんなに忙しくても、部屋を散らかさなくなりました。

自分でも信じられませんでした。まさか、足の踏み場がなかった汚部屋が、床にモノが何も置いていない部屋になるなんて。 

3)最初から「完璧」を求めない。

f:id:withblue773:20190602164534j:plain

最初から完璧を求めない方が、片付けが楽しくなる場合もあります。

足の踏み場がない、床や机などにモノが散らかっている部屋の場合は、最初から完璧を求めない方がいいと思います。

現代人は、日中は仕事、子育てなどでエネルギーを多く使ってしまいます。家に帰ってきて、またキレイに片付けをすると思うと、ため息が出てしまいますよね。

私もフルタイムで働いていたときは、疲れすぎて、帰宅してから片付けをするなんて、できませんでした。

でも、家にいるとどうしても片付けをしなければいけない。そんなときは、完璧を求めずに、今出来ることからコツコツやっていったんです。

ゴミを捨てる、2つ以上あるモノを1つに減らすなど。

片付けは、小さなことを積み重ねていくと、大物を処分できるようになります。最初は、ほんの一歩でいいから何か捨ててみてください(^-^)。

 4)汚部屋と片付けたあとの部屋の写真を撮って「比べてみる」。

f:id:withblue773:20190602164627j:plain

汚部屋と片付けたあとの部屋の写真を撮って見比べると、モチベーションが上がります。

汚部屋、片付けたあとの部屋の写真を撮って比べてみる」のも、モチベーションが上がりますよ。

片付けを続けていても、今日はイマイチやる気が出ない日ってありませんか?

私は、片付けたくない日がよくあるんです( ;∀;)。そんな日は、汚部屋と以前に片付けた部屋の写真を見比べるようにしています。

この方法は、私がよくお伺いしている「なつみかんブログ」さんの記事を参考にしました。⇒断捨離してもきれいにならないのはなぜ?

これが面白くて、汚部屋と片付けた部屋の写真を見比べると、後者の方がキレイになっているんです。(当たり前ですが 笑)

少しでも部屋がキレイになっているのを見ると、片付けをするやる気が出てくるんですよ(≧▽≦)

片付けが苦手な人には、オススメの方法なので、興味がある方は試してみてください♪

まとめ

汚部屋からキレイな部屋になるまで片付けるときに、私は3つのことを学びました。

1)明らかにゴミだと分かるモノから捨てる。

2)少しでも片付けられた自分を認めてあげる。

3)いきなり完璧にやろうとしない。

片付けは面倒くさいけど、部屋がキレイになっていくと嬉しくなります。

もし、あなたが仕事や子育てが忙しくて、片付けられないと悩んでいたら、今できる簡単なことから試してみてはいかがでしょうか?

完璧を求めなくても、少しでも片付けができていたら、あなたは以前の自分よりも成長しています。

私も、まだ片付けられていないところがあるので、お互いに楽しみながらお部屋をキレイにしていきましょうね(^-^)