花香しおりブログ

田舎に引っ越してきたひきこもり主婦が、理想の穏やかなシンプルライフを追求するブログです。

【片付け】散らからない部屋にするコツは、いらない物を収納せずに一気に捨てること。

最近、私の中で断捨離がマイブームなのですが、毎日片付けをしていて気づいたコツがあります。

そのコツが、「いらない物を収納せずに一気に捨てれば、部屋散らからないです。

なぜ、いらない物を収納しないで一気に捨てると、部屋が散らからないのでしょうか?

いらない物を捨てることよりも、収納に夢中になると部屋が散らかる

まずは、こちらの散らかっている部屋の画像をご覧ください。

f:id:withblue773:20190505201954j:plain

物が多すぎて収納できず、散らかっている部屋

部屋を片付けるために収納に夢中になると、物があふれて部屋が散らかります。

その理由は、収納は片付けではなく、物の押し込み作業だからです。

もっと突っ込んで言うと、いらない物を見ないために、「収納」という名の封印をするようなもの。

実は、収納に夢中になると、部屋が散らかるだけでなく、ストレスも増えます。

断捨離をして気づいたこと。床に物が散らかっているとストレスが増える

私は、たくさんの不要な物を、押し入れや収納ケースにしまって、見て見ないふりをしていました。

しかし、押し入れや収納ケースがいっぱいになると、物を片付ける場所がなくなって、部屋が散らかってしまうのですね。

ひどい時は、床一面に物が散らかっていました。

f:id:withblue773:20190505212920j:plain

片付けられないときは、このように床に物が散らかっていました

いらない物を収納しないで捨てたら、部屋が散らからなくなった

主人が断捨離のために読んでいた、近藤麻理恵(こんまり)さんの「人生がときめく片づけの魔法」を読んだとき、私はビックリしました。

散らからない部屋にするためには、「まず物を捨てることから始めること。」と書いてあったからです。

私は早速、こんまりさん流に物をカテゴリー別(服・靴・バッグ・本など)に分け、全部一か所(床)に集めて山積みにしました。

そして、床に集めた物を1つ1つ触って、テンションが上がるが下がるかで判断し、不要な物はどんどん捨てていったのです。

こんまりさん流の方法で断捨離していったら、なんと部屋が散らからなくなりました(≧▽≦)。

不要な物がなくなるので、収納ケースも、どんどん空になっていくではないですか♪

いらない物を一気に捨てれば、ホテルのようなインテリアも夢じゃない

f:id:withblue773:20190505210149j:plain

不要な物がない、美しいホテルのようなインテリア

部屋を片付けるときは、収納するのではなく、自分にとっていらない物を一気に捨てます。

そうすれば、ホテルのようなインテリアも夢じゃありません。

まだ断捨離の途中なので、残念ながら、ここまで私の部屋はキレイになっていませんが( ;∀;)。

しかし、不要な物を一気に捨てれば、テンションが上がる・ときめく物だけがある素敵な部屋は必ず実現できます。

部屋が散らかって困っている方、収納しても家の中がゴチャゴチャになってしまう方。これらに当てはまる方は、いらない物を収納せずに一気に捨てれば、部屋が散らからなくなりますよ。

私は、散らからない部屋にするコツは、いらない物を一気に捨てて収納しないことと考えていますが、あなたはどのように判断されますか?