花香しおりブログ

田舎に引っ越してきたひきこもり主婦が、理想の穏やかなシンプルライフを追求するブログです。

片付けをして気づいたこと。床に物が散らかっているとストレスが増える

最近、片付けをしていて気づいたことがあります。

それは、床にが散らかっていると、ストレスが増えるのです。

なぜ、床に物が散らかっていると、ストレスが増えるのでしょうか?

それでは、本題に入りましょう。

床に物が散らかっていると、家にいても休めない

f:id:withblue773:20190505212920j:plain

たくさんの物が床に散らかっている部屋

まずは、こちらの汚部屋の画像をご覧ください。

これは無料画像のサイトからダウンロードした写真なのですが、こんなにたくさんの物が床に散らばっていると、イライラしませんか?

足の踏み場がないし、落ち着いて座れる場所もありません。

つまり、自分の家に帰ってきても、たくさんの物が床に散らかっていると、ゆっくり休めないのです。

大学生になり家を出るまで、弟に家庭内暴力を毎日受けていたときは、私の部屋や家全体がこのように荒れていました。

また、家族全体の仲が悪く、お金にも困っていて、私は良質な食事を食べられませんでした。

部屋の様子は、心がどんな状態かを表しています。

ストレスが溜まっていたり、心が荒れていたりすると、部屋が散らかるのです。

物を減らして床に置かなくなると、心が安定する

f:id:withblue773:20190612141428j:plain

床に物を置いていないキレイな部屋

今度は、こちらのキレイな部屋の画像をご覧ください。

こちらのお部屋は、床に何も物が置いてありません。

しかも、物が先ほどの部屋より少ないです。

このお部屋のように、床に物が置いていないと、ゆっくり休めます。

また、疲れて家に帰ってきても、部屋を見てイライラしないのです。

まるで、ホテルのインテリアみたいですよね。

床に物を置かないだけて、ストレスを感じなくなるなんて凄くないですか?

私は片付けをするときに、床に物を置かないことを意識したら、イライラしなくなりました。

さらに、引っ越しをして片付けたときよりも、片付けをした後の方が部屋の住み心地が良くなっています。

床に物を置かない⇒ストレスが減る

あなたもぜひ、試してみてください。

まとめ

床に物が散らかっていると、その状態を見てイライラします。

なので、疲れて仕事から帰ってきても、部屋でゆっくり休めません。

部屋の中にいると、常にイライラするから、外出したくなります。

外出すると、ストレス発散のために物を買ってしまうのです。

また、家に帰ってきて、散らかった床を見てイライラ。片付けられない。

床に物を置き続ける限り、この負の無限ループから抜け出せないのです。

ストレスを減らしたい方は、ぜひ床に物を置かないことを習慣にしてみてください。

床に物を置かなければ、部屋がスッキリしてきますから、散らかっていたときよりもゆっくり休めますよ♪

今日の記事が、少しでもあなたの参考になれば幸いです。